ハノイのそれが好き💕

ベトナムから本帰国して約1年。私の大好きなモノを紹介する備忘録のブログです。

蓮畑を見に行く方法 in Hanoi

スポンサーリンク

f:id:lotus0879:20190511223257j:plain

蓮畑 Sen Hồ Tây(セン・ホー・タイ)

こんにちは。

ハノイは6月中旬から7月中旬、蓮の花の見頃を迎えます。

この時期に、ベトナム旅行を計画している方に是非とも行っていただきたい私のお気に入りハノイの蓮畑2カ所を紹介したいと思います。

 

 (⇩各目次は、クリックでとべます)

ハノイの蓮畑、基本情報 

 
 
 
View this post on Instagram

Doryさん(@maianhbean)がシェアした投稿 -

朝日に照らされた蓮畑で白いアオザイ姿が素敵です。

 

ハノイで蓮畑と言っても小さいモノから大きなモノまでいたる所に有ります。その中で比較的、綺麗に管理されて尚且つある程度の規模で更に蓮の花だけに特化した所となると限られてきます。

そんな蓮畑は、有料で早朝からベトナムの人達が詰め掛けています。何処も小屋を通り抜けないと入場できないシステムで、1人約3万ドン~5万ドン(約150円~250円)を支払って入ります。

その時に、小屋でアオザイをレンタルしたりお化粧までお願いする事が出来ます。アオザイのレンタルは1着約10万ドン(約500円)。

蓮畑周りで販売されている蓮の花束は、本数にもよりますが約5~10万ドン(約250円~500円)。

竹製の橋など足元が非常に滑りやすいので歩きやすい靴でお出掛け下さい。

グーグルマップの投稿写真を見てもお分かりのとおり皆さんアオザイを着て美しい写真を撮っています。カメラマンを雇ってポージングはプロ並みです(笑)。

 

タイ湖北西、ウォーターパーク横の蓮畑 Sen Hồ Tây(セン・ホー・タイ)

 

【名前】セン・ホー・タイ(Sen Hồ Tây)

【住所】Sen Hồ Tây, Nhật Tân, Tây Hồ, Hà Nội, Việt nam

 

グーグルマップ(拡大地図を表示)の投稿写真で、蓮畑でアオザイを着て写真を撮る様子を見ることが出来ます。

 

ここがポイント

東側に大きな建物が無いため1枚目の写真を見てお分かりのように朝焼けの蓮畑が素敵です。

旧市街から比較的近い。アクセス的に難易度低め旅行者向け。旧市街からタクシーで約20分。往復約25~35万ドン(約1250~1750円)。時間帯、曜日によっては帰りのタクシーが捕まらないのでタクシーは往復でお願いして下さい。

ここがイマイチ

ここは、2016年の不作の年に全く蓮の花が咲く事が無かった。

グーグルマップ上の名前では無く必ず Sen Hồ Tây:セン・ホー・タイ』 とタクシードライバーに伝えて下さい。この名前だけでタクシードライバーなら直ぐに理解してくれます。

(グーグルマップ上の名前が何故かよく分からない名前になっています。これでは場所が上手く伝わらないので注意)

 

 
 
 
View this post on Instagram

Nguyễn Thị Dịuさん(@khii_conn)がシェアした投稿 -

 蓮の葉を傘代わりにしての撮影をよく見かけます。可愛い(笑)。

 

タンロン橋近くの蓮畑 Đầm sen Xuân Đỉnh(ダム・セン・スアン・ディン)

 

【名前】ダム・セン・スアン・ディン(Đầm sen Xuân Đỉnh)

【住所】Ngõ 408 Xuân Đỉnh, Bắc Từ Liêm, Hà Nội,  Việt nam

 

グーグルマップ(拡大地図を表示)の投稿写真で、蓮畑でアオザイを着て写真を撮る様子を見ることが出来ます。

 

ここがポイント

広くて大きい蓮畑。2016年の不作の年に、ここは大きな蓮の花が咲いていました。木製ブランコ等、インスタ映えスポット有。この近くに住んでたお友達に教えてもらった素敵な所。

ここがイマイチ

旧市街から遠い。アクセス的に難易度高め駐在者向け。旧市街からタクシーで約30分。片道約20~25万ドン(約1000~1250円)。タクシーを駐車出来る場所が近くに無いため往復は無理。帰りは大通りに出てタクシーを拾って下さい。

ハノイ市街からは少し遠い上に池の入り口が分かりにくい。

教えてもらった住所 Ngõ 408 Xuân Đỉnh を一緒に行った友達のドライバーさんに伝え、先ずはT字路を探します。そこが見つかったらそのT字路を入って池の入り口の小屋を目指します。

まあ、ここまでが難しい。道中、色んな人に上記の住所Đầm sen Xuân Đỉnh(蓮池の名前)を伝えてやっと到着!最初から私がグーグルマップを見てナビするべきでした…(笑)。

旅行者には難易度高め!駐在者向けの蓮畑です。

日の出前を狙って行くには道中、苦戦する可能性が…少し明るくなってから行く事をおすすめします。

下記に簡単な地図を貼っておきます。(大きな通りしか描いていません。ご注意下さい。)

f:id:lotus0879:20190513005704j:plain

Đầm sen Xuân Đỉnh 案内図

 

 
 
 
View this post on Instagram

Lauraさん(@lauraphammm)がシェアした投稿 -

 素足で竹の橋を渡っています。これが一番安全かも(笑)

 

ダム・セン・スアン・ディン(Đầm sen Xuân Đỉnh) の詳細情報です。

(ベトナム語が日本語翻訳されない場合は、開いた画面上で右クリックし、翻訳の文字をクリックして下さい。これで日本語翻訳されるはずです。完璧な翻訳は難しいですが言葉のニュアンスは理解できるので、ある程度の意味はご理解いただけると思います。)

vivuhanoi.com

 

 

タクシーで行く

ホテルから行く場合は、ボーイにグーグルマップの住所または蓮畑の名前を見せてタクシードライバーに指示をしてもらって下さい。ベトナムの人達は、地図を読むのが極端に苦手です。必ず住所または蓮畑の名前を伝えて下さい。(道端で道を尋ねる場合、スマホから手を離さない事!離すと持ち逃げされる事が有るので注意)

 

蓮畑見学ツアーで行く

手っ取り早くお任せで行きたい場合は、現地旅行会社のツアーも有ります。

蓮茶の専門店や花市場も一緒に観光するタイプも有るとか!

(スケッチトラベル、TNKトラベルJAPAN、JTB等)

 

蓮の花の基本情報

蓮の花は、日の出と共にゆっくり開き、日が昇るとゆっくり閉じ始めます。

残念ながら昼頃には、完全に花が閉じてしまいます。

私は、毎年4時起きで5時半頃には蓮畑に行ってました。勿論、事前にその日の天気と日の出時刻もキッチリ調べて。(ベトナムの天気予報は、日本ほど正確では無く…その上、この時期は何故か明け方に雨が多い事も…。)

花が開く時に『ポン』という音がするという噂を信じて!4年間、毎年蓮畑に通いましたが無音でした(笑)。

 

 
 
 
View this post on Instagram

hanoi@さん(@hanoi_souvenir)がシェアした投稿 -

6時半頃には、丁度良い頃の蓮の花は全てこの船に乗ったおじさん達に刈り取られ…写真を撮るのが先か!?刈り取られるのが先か!?

まあ、蓮の花は毎日、どんどん咲くので翌日の心配は全く必要無いのですが(笑)。

 

2016年は、ハノイ全体的に蓮の花が原因不明の不作でした。

それに、開花時期がずれる事があります。

日本から旅行で行く場合は、事前に現地旅行会社に確認する事をお勧めします。

 

まとめ

ハノイで夜明けと共にゆっくり開く無数の蓮の花々を是非とも一度は見に行っていただきたい!出来れば早起きして明け方に。

今回は、私のお気に入りハノイのおすすめ 蓮畑を見に行く方法 でした。

いかがでしたか?

次回は、そんな蓮畑でアオザイを着るために私のお気に入りのアオザイ『一度は着て欲しいおすすめアオザイ10選!』を紹介したいと思います。

  

最後まで読んでいただき有難うございます。

それでは、また。