ハノイのそれが好き💕

ベトナム(ハノイ)在住4年を経て本帰国。ベトナムで習った趣味の刺繡を中心に時々、思い出深いベトナム情報、大好きな京都情報をご紹介していきたいと思います。

【一挙両得】我が家の ”トレイ&ランチョンマット”の使い方

スポンサーリンク

f:id:lotus0879:20211224143906j:plain

 

こんにちは。

我が家では、結婚当初から使用している”トレイ&ランチョンマット”が有ります。結婚して何年かは…伏せておきますが、かなり年季が入っています(笑)。しかし、どちらも共に丈夫で綺麗なので今も健在です。

本来は、別々に使用するモノですが、我が家ではそれぞれの良いとこ取りの使い方をしています。これが結構、便利で可愛い♪

年末年始の帰省時に、両親へプレゼントする新しいランチョンマットを作ってみました。

 

今回は、【一挙両得】我が家の ”トレイ&ランチョンマット”の使い方 をご紹介します。

 

 

(⇩各目次は、クリックでとべます)

 

”トレイ&ランチョンマット”の使い方

 

f:id:lotus0879:20211224162416j:plain

トレイ&ランチョンマット

我が家の ”トレイ&ランチョンマット”の使い方は、見ての通りの重ね使いです(笑)。

トレイの汚れを防止できる上に、可愛い♪ そして一番の利点は、それぞれの良いところを生かしたまま、欠点を補えるところです!

●【トレイ】利点は、食器を一気に持ち運べる。欠点は、柄が変わらず味気ない。

●【ランチョンマット】利点は、豊富な可愛い柄が楽しめ、食卓が華やかになる。欠点は、食器を持ち運べない。

 

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、随分前にご紹介した『ウィリアム・モリス』の生地《いちご泥棒》を使ってみました。

つまり、自分でランチョンマットを作ってしまえば、好みの柄は無限大(笑)!?

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The William Morris Society(@williammorrissocietyuk)がシェアした投稿

こちらが私の大好きな『ウィリアム・モリス』の 《いちご泥棒》です。

『ウィリアム・モリス』は、家具や壁紙、カーペットなどテキスタイルデザインのデザイナーです。まるで、植物図鑑のように緻密に描かれた植物文様がたまらなく美しい。(テキスタイルデザイン=織物デザイン。布地デザイン)

 

 

f:id:lotus0879:20211224153017j:plain

トレイ&ランチョンマット

こちらは、カーテン生地で作ったランチョンマットです。

建設業で働いていた時に、インテリアコーディネーターさんから貰っていたカーテンのサンプル生地を使ってみました。現在、我が家で使用しているランチョンマットは、全てカーテンのサンプル生地です(笑)。

カーテン生地は、丈夫でシワがつきにくく、汚れにくい!後は柄が気に入れば言うこと無し!まあ、我が家に最後まで残っていた生地なので、少し地味かも知れないけれど…。よーく見て下さい!繊細な柄が美しい~♪

 

 

f:id:lotus0879:20211224154007j:plain

トレイ&ランチョンマット

こちらは、色違いのデザインです。

もしかして、サイズが気になりませんか?大丈夫です(笑)。前回、帰省した際に両親の使用しているトレイの寸法を測ってきました。買い替えてない限り、ピッタリ合うはずです。

これは、我が家のトレイの写真なのでサイズ(ランチョンマット)が合うはずもなく…端っこのみの写真にしています(笑)。

 

 

f:id:lotus0879:20211224155929j:plain

『川島織物』カーテン生地

こちらが、使用したカーテン生地です。

よーく見ると『川島織物』と書かれていますが、現在、合併し会社名は『川島織物セルコン』となっています。170年以上の歴史をもち、西陣織の老舗としても有名な織物メーカーです。会社名を知ったら、柄の美しさに納得しませんか。

こちらは、実は遮光カーテンです。ランチョンマットに使うなんて贅沢かも(笑)。

 

 

f:id:lotus0879:20211224161013j:plain

トレイ&ランチョンマット

こちらは、手芸店で購入した生地で作ったランチョンマットです。絵柄が『ウィリアム・モリス』の《ひなぎく》に何となく似ているお気に入りの生地です♪

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The William Morris Society(@williammorrissocietyuk)がシェアした投稿

こちらが『ウィリアム・モリス』の 《ひなぎく》です。

何となく似ていると思いませんか(笑)。

 

今回のランチョンマットは、秋冬用なので濃いカラーばかりになってしまいましたが、明るい色では黄色&緑色、緑色&水色、ピンク色&緑色&水色を組み合わせた花柄などもお勧めです。たとえ少し汚れてしまっても目立ちません(笑)。

それに、表裏同じ生地で縫えば両面使用可でお得です♪(表面が汚れてしまっても、裏面がまだ使える♪ 笑)

 

 

「ダイソー」mt リメイクシート

ランチョンマットを作るのが苦手な方には、こんな便利なモノも有ります。

 

f:id:lotus0879:20211224165004j:plain

「ダイソー」mt リメイクシート

こちら、マスキングテープで有名な「mt」とコラボした、「ダイソー」のリメイクシートです。柄は、勿論、『ウィリアム・モリス』の 《いちご泥棒》、一つ税込330円です。

商品サンプル写真のように、トレイに直接、貼ってリメイクを楽しむことが出来ます。

貼ってしまえば毎日、変更とはいかないので…私は、もう少しこのまま使わずにストックしておきたいと思います(笑)。

 

 

f:id:lotus0879:20211225160938j:plain

「ダイソー」mt リメイクシート

先程、ご紹介した『ウィリアム・モリス』の 《ひなぎく》も販売されていました。(写真右側)

『ウィリアム・モリス』柄のリメイクシートは、他にもいくつか販売されているようです。気になる方は「ダイソー」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回、使用した『ウィリアム・モリス』の生地《いちご泥棒》で我が家のランチョンマットもついでに作り…ほぼ使い切ってしまいました。

でも、「買っててよかった~」こんな形で毎日、目にするモノを作れたので♪

また、ユザワヤの割引クーポンが手に入ったら、生地のストックを買って来たいと思います。次は、どんな『ウィリアム・モリス』柄にしようか、今から楽しみです(笑)。

 

さて、次回は何を作ろうかな。

 

今回は、【一挙両得】我が家の ”トレイ&ランチョンマット”の使い方でした。

いかがでしたか?

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

それでは、また。

 

ネット販売で買える お気に入り&おすすめ雑貨 

『ウィリアム・モリス』の《いちご泥棒》柄の リメイクシートです! 

貼って剥がせる便利なリメイクシートです ♪ 

 

『ウィリアム・モリス』の《ひなぎく》柄の リメイクシートです! 

豊富な柄のリメイクシートがたくさん ♪